2020/2/17

ご参加ありがとうございました!
日本平ウォーク2020 大会は雨模様でのスタートとなりましたが、多くの方々にご参加頂きました。遠くは新潟、長野、東京他静岡県外からご参加頂きました。
ありがとうございました!
小雨が続く1日でしたので、参加されました皆様、またスタッフの方々にとっても、肌寒いウォークとなりました。くれぐれも体調管理にご留意くださいませ。
来年、さらにパワーアップした日本平ウォークコースをご用意し、皆さまのご参加をお待ちいたしております。




2020/2/13

晴天が続く静岡では、雄大な富士山を望めます。
これまで「日本平ウォーク大会」は全て富士山を見ることができました。
今年も、きっと素晴らしい大会になると思います。
すでにお申込みくださった皆様、ご一緒に文化観光ウォークを楽しみましょう♪
大会当日参加申し込みも可能です。受付(静鉄自動車学校)に8:00〜9:30までにお出掛けください。
実行委員一同、皆さまのご参加をお待ちいたしております。
*当日開催についてam6:00公式HPにUPします。


2020/2/7

昨日、日本平ウォークに携わるスタッフの代表者が一同に集まり最終の打合せを行いました。
また、(一財)アイワ文化福祉財団より助成を頂ける運びとなり代表者さんが激励にお出掛けくださいました。アイワ文化福祉財団の理事長さん、専務さんありがとうございました!
チャレンジコース参加の皆様に朗報です。チェックポイントの草薙神社様より、数量限定で甘酒のふるまい、また福銭をご用意くださるとのご連絡頂きました。草薙神社様、ありがとうございます。
その他、静岡県内外から御協賛並びに各種物品提供を賜りありがとうございます。




2020/1/27

■静岡県内外から続々ご参加! 茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県からのご参加ありがとうございます。


2020/1/24

■フェルケール美術館 清水港湾博物館(愛称「フェルケール博物館」)は、特定重要港湾、中核国際港湾に指定された清水港をテーマに、港湾の生い立ち、地域の歴史との関わり、そして、清水港を核とした地域の未来までを展望できる、新しいスタイルの「港の博物館」です。


2020/1/23

■ベーシック梅陰寺・次郎長生家・船宿末廣・荘士墓  今年は清水次郎長生誕200年を迎えます。日本平ウォークでは、清水次郎長に関連する寺社、生家、次郎長にまつわる写真や資料が多く展示されている施設をめぐります。


2020/1/22

■ベーシックコース(鉄舟寺)もと久能山山頂にあった久能寺を武田信玄が城砦を築くため現在地に移築、一時廃寺となったのを山岡鉄舟が再興しました。何といっても富士山を仰ぎ清水港や三保の松原を見渡す眺望がすばらしいです。
寺宝の国宝「紙本墨書法華経(久能寺経)」は永治元年(1141)鳥羽上皇が出家の際に書写したもので、現存する最古の平安時代の装飾経だそうです。「繊細で凛とした美しさ」です。 久能寺経は国立博物館でしか見ることができないそうです。ぜひお出かけになってみてください。 http://www.emuseum.jp/detail/100369/000/000?d_lang=ja


2020/1/21

■ベーシックコース(龍華寺)
大蘇鉄・サボテンをはじめ、見所が多い龍華寺ですが、ぜひチェック頂きたいのが 龍華寺の山門を入ってすぐ左にある「寺Cafe&Shop」です。
お守りや経本のほか、おみくじがありますよ。
近年、御朱印帳ならぬ「おみくじ帳」があるんですってね。この機会に朱印+御神籤集め はじめてみませんか?
元禄おみくじ 300円。


2020/1/20

■湯茶サービス情報 今年もチェックポイントにて湯茶サービスを予定しています。特別拝観「聖一国師堂」では大川企業組合様による呈茶サービス。ゴール地では、かねはち茶園様による呈茶サービスやトクナガコーヒー様よるコーヒー試飲と素晴らしいラテアートのコーヒー販売もあります。また、JA静岡協力による静岡産イチゴ、毎年大人気の東海農産様提供「じゃり豆」や望月茶飴様の「茶飴」、今年初 ユニフルーティ様ご提供のバナナ!も予定しています。湯茶ではないけれど、アスカモデル様プラモデル限定品もあります。ぜひお楽しみに!!


2020/1/17

過日、日本平ウォーク実行委員会が開催され、2020年大会も賑やかに開催することを確認いたしました。お天気に恵まれ、霊峰富士を眺めながら、静岡の文化観光ウォークをお楽しみいただけたら幸いです。スタッフ一同、皆さんのご参加をお待ちいたしております。



2020/1/16

■チャレンジコース(塚間の渡し)普段は無いルートですが、駿河湾フェリー様のご協力により、安全に、そして快適に運行できる「塚間の渡し」があるとご提案いただき、2018大会以来の船便が実現します。潮風を感じながら、つかの間の船旅をお楽しみください。もちろん、乗船代金は参加費に含まれています。お天気に恵まれた2018大会では、船から見る富士山が大変好評でした。2020大会ぜひご期待ください。


2020/1/15

■チャレンジコース(御穂神社・みほじんじゃ)古くから三保の地域を見守ってきた羽衣伝説ゆかりの神社で、羽衣の切れ端が所蔵されているそうです。 延喜式にも記載されており、時の朝廷や源氏、今川氏、武田氏、豊臣氏、徳川氏の武将に篤く崇敬されました。 特に徳川幕府は、慶長年間(1596−1615)に壮大な社殿群を造営寄進したとされています。 春は桜の名所、夫婦和合・縁結びのパワースポットとしても人気です。


2020/1/14

■チャレンジコース(みほしるべ)2019年3月にオープンしたばかりの【みほしるべ】静岡市美穂松原文化創造センター「三保を知る」+「道しるべ」という2つの意味があるのだそうです。三保の歴史文化や松を知る施設として、また富士山と松原の美しい景観を楽しめます。お土産コーナーのほかに、なんと足湯もあるそうです。チャレンジコース17キロの疲れを足湯で癒せますね。


2020/1/10

■チャレンジコース(羽衣の松)世界文化遺産 富士山の構成資産「三保松原」羽衣の松は、天女伝説で知られている松です。 付近には「神の道」と呼ばれる御穂神社まで参道があり、約500m松並木が続き、神秘的で幻想的な雰囲気を感じられますよ。


2020/1/9

■チャレンジコース(天王山遺跡/筆捨つるの池)天王山遺跡・筆捨つるの池 天王山遺跡は縄文時代から古墳時代にかけて生活が営まれた集落の跡です。この地から富士山・駿河湾・伊豆連山の眺望は素晴らしく、諸国の名勝地を多く行脚した西行が、あまりの絶景に「筆舌に尽くしがたし」と感服し、傍らの池に筆を捨てたと言い伝えられています。どんな時代であっても、絶景は人の心を魅了していたのですね。


2020/1/8

■チャレンジコース(草薙神社) 日本平ウォークでは収益金の一部を静岡市に寄贈し、日本平ハイキングコース整備に役立てて頂いています。 2018年大会において、馬走コースに案内看板4か所、美術館コースと草薙コースには音声ガイダンスOtonoと 看板をそれぞれ2か所整備いたしました。 日本平2020のチャレンジコースで「草薙神社」がチェックポイントとなっていますが、草薙神社の魅力が詰まったOtono音声ガイダンスがあります。草薙神社の魅力を、森宮司自ら案内してくださっています。女性の宮司さんは珍しいそうですね。森宮司の大変可愛らしいお声と共に、草薙神社の魅力についてご視聴ください。下記QRコードから該当ページをご覧になれますので、お手持ちのスマートフォンで読み込んでお聴きください。




2020/1/7

■ゴール地(エスパルスドリームプラザ)
清水港に面した商業施設です。ウォークでゴールしたら、まずは美味しいビールとお食事とお考えの方にピッタリ。清水すし横丁で美味しいお寿司を召し上がるも良し。お子さんとちびまる子ちゃんランドに立ち寄るも良し。飲食店もお土産コーナーも充実しています。JR清水駅まで無料のシャトルバスが出ていますので、お帰りの心配もありませんよ。そうそう、観覧車があるのですが、清水港に面しており、富士山が見える最高のロケーションです。ぜひこちらもお楽しみに。
*エスパルスドリームプラザhttps://www.dream-plaza.co.jp/


2020/1/6

新年あけましておめでとうございます
オリンピックYEARのお正月、いかがお過ごしでしたか?さて、日本平ウォーク2020に続々エントリー頂いています。ありがとうございます。前年と比べ、親子での参加が増えているようです。これまでも、未就学児の方がチャレンジコースを完歩していますから、もしお子さんとの参加を迷ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、日本平ウォークに参加して、ゴールにたどり着いた喜びを味わってみませんか。リピーターが多いのも、日本平ウォークの魅力の1つなのかなって思います。


2019/12/28

■日本平山頂「日本平夢テラス」
2018年11月にオープンして以来、人気のスポットです。展望回廊から見る富士山は、格別な美しさがあります。駿河湾越しに仰ぎ見る富士山、眼下に見える清水港、伊豆半島、南アルプスのパノラマビューは、まさに至福の絶景といえます。
日本平夢テラスhttps://nihondaira-yume-terrace.jp/
*ライブカメラ有。今日の富士山をチェックしてみてくださいね。


2019/12/27

■馬走ハイキングコース
馬走=まばせ と読みます。ベーシック(13キロ)は馬走ハイキングコースをほぼ通り抜けますし、チャレンジコースは一部区間を通ります。距離こそ異なりますが、馬走ハイキングコースは自然道で歩きやすいですよ。2017年・2018年と2年に渡り日本平ウォーク実行委員会が寄贈した看板が配置されているので、ぜひコース途中で見つけてみてくださいね。


2019/12/26

■特別拝観「聖一国師堂」必見です!
静鉄自動車学校を出発すると、すぐに見えてくるのが「聖一国師堂」です。普段は拝観できないのですが、日本平ウォーク大会に合わせて、特別に拝観をさせていただくご縁を頂いています。静岡の茶祖「聖一国師さま」をお祀りしており、静岡茶について学べるチェックポイントとなっています。


2019/12/25

共通事項からご紹介します。
■スタート地点は、静鉄自動車学校
静鉄自動車学校さまのご協力で、自動車学校の一角をお借りして、スタートします。当日は、公共交通機関をご利用頂き、8時〜9時半までに静鉄自動車学校(静岡鉄道「狐ヶ崎駅」下車徒歩6分)にお越しください。


2019/12/24

■あなたはどちらを選ぶ?
★チャレンジコース(ロング/17km)
 静鉄自動車学校 → 聖一国師堂 → 草薙神社 → 馬走ハイキングコース → 日本平山頂「日本平夢テラス」 → 天王山遺跡/筆捨つるの池 → 羽衣の松 → 三保しるべ → 御穂神社 → 塚間の渡し(渡し船に乗船) → エスパルスドリームプラザ
★ベーシックコース(ショート/13km)
 静鉄自動車学校 → 聖一国師堂 → 馬走ハイキングコース → 日本平山頂「日本平夢テラス」 → 日本平運動公園 → 龍華寺 → 鉄舟寺 → 梅蔭寺 → 次郎長生家 → 船宿末廣 → 壮士墓 → エスパルスドリームプラザ


2019/12/23

日本平ウォークは
,匹舛蕕離魁璽垢忙臆辰靴討盒盂曚楼貊錣任后
▲船Д奪ポイントを通過する際にスタンプを押します。スタンプがたまると達成感もひとしおです。
4儻ガイドによる名所案内があり、見どころをチェックできます。
て本平山頂「日本平夢テラス」からみる富士山は格別です。ぜひご期待ください。
ゥ粥璽訝呂蓮屮┘好僖襯好疋蝓璽爛廛薀供弯事処や土産売場が充実しています。


2019/12/20

日本平ウォークは2017年、静岡商工会議所・静岡市・観光文化振興を推進する市民有志により組織されました。ベーシックコースとチャレンジコースの2種類を設け、毎年趣向を凝らしたコース設定になっています。第4回目となるコースについて、ご紹介します。
≪ポイント1≫ どちらのコースに参加しても金額は一緒です。
≪ポイント2≫ チェックポイントを通過する際、スタンプを押します。
≪ポイント3≫ 観光ガイドさんによる名所案内があります。
≪ポイント4≫ 日本平山頂「日本平夢テラス」からの眺めにご期待ください。
≪ポイント5≫ ゴール地は清水の名所「エスパルスドリームプラザ」です。


2019/12/19

みなさん、こんにちは!日本平ウォーク実行委員会です。
日本全国の中でも、静岡の冬は暖かく、特に2月はポカポカ陽気が続き、富士山の眺望がすばらしいです。2月23日が「富士山の日」となっているのも納得です。毎年、全国各地からもご参加いただく日本平ウォーク、ぜひご一緒に歩いてみませんか?実行委員一同、皆さまのエントリーをお待ちしています♪
*県外では、長野県・埼玉県・大阪府・神奈川県・愛知県・山梨県・兵庫県・茨城県からエントリー頂いています。(2019年12月19日現在)